松江の観光 盛り上げ 怪談ツアーバスお目見え

お披露目された松江ゴーストツアーのラッピングバス
 文豪・小泉八雲の「怪談」に登場する妖怪のイラストなどを車体にあしらったラッピングバスが27日、松江市末次町の市役所前で披露された。怪談ゆかりの地を巡る「松江ゴーストツアー」や、市交通局の路線バス(定員26人)として使われる。

 車体は闇夜をイメージした群青色と黒色がベースで、「大雄寺の子育て幽霊」など五つの怪談にまつわる八雲直筆のイラストと怪談話の原文をあしらった。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年11月29日 無断転載禁止