東京五輪硬貨、第4弾の図柄公表 財務省、12種類発行

 東京パラリンピックを記念して発行する、聖火ランナーや国立競技場を描いた1万円金貨の表面のイメージ(財務省提供) 東京五輪を記念して発行する「風神雷神図屏風」の雷神を描いた500円硬貨の表面のイメージ(財務省提供)

 財務省は29日、2020年東京五輪・パラリンピックを記念した貨幣12種類の図柄を公表した。第4弾の発行となり、予定していた37種類全てが出そろった。今回公表した12種類は1万円金貨1種類、千円銀貨2種類、500円硬貨2種類、100円硬貨7種類で計3587万6千枚を発行する。

 1万円金貨は聖火ランナーや国立競技場などを描き、千円銀貨はボクシングとレスリングをデザイン。500円硬貨は風神と雷神で、100円硬貨はサッカーやテニス、車いすラグビーなどをあしらう。

共同通信社 2019年11月29日 無断転載禁止