カズ、国立をサッカーの聖地に 競技場完成、思い語る

 横浜市役所へのシーズン報告で笑顔を見せる横浜FCの三浦知良=3日、横浜市

 来季J1に昇格する横浜FCの元日本代表FW三浦知良が3日、完成した国立競技場について「サッカーの聖地と言われるようなスタジアムに、みんなで(歴史を)積み上げていかないと。その一部として関われたら、こんなに幸せなことはない」と思いを語った。横浜市役所へのシーズン報告後、取材に応じた。

 旧国立競技場ではV川崎(現東京V)でJリーグ初代王者に輝き、日本代表でも1997年のマカオ戦で歴代最多タイの6得点を記録するなど大活躍。52歳のFWは「いい思い出しか残っていない」と振り返り「新しい国立競技場に、J1の舞台でまた立つことを目標にしたい」と話した。

共同通信社 2019年12月3日 無断転載禁止