東証反落、終値は149円安 相場過熱、米景気に懸念

 東京証券取引所

 3日の東京株式市場は米景気の先行きに警戒感が広がったことから売り注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比149円69銭安の2万3379円81銭。前日に年初来高値を更新して相場の過熱感が強まり、利益確定売りが出やすい地合いだった。

 東証株価指数(TOPIX)は7・76ポイント安の1706・73。出来高は約10億7400万株。

 東京市場は朝方から売りが膨らみ、平均株価の下げ幅は一時300円を超えた。2日に発表された製造業関連の米経済指標が低調な結果となり、米国市場が下落した流れを引き継いだ。

共同通信社 2019年12月3日 無断転載禁止