東京五輪目指すボクサーにエール 現役最強の統一王者ロマチェンコ

 WBO総会に出席したワシル・ロマチェンコ=5日午後、東京都内のホテル

 現役最強の呼び声が高く世界ボクシング機構(WBO)など3団体のライト級統一王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が5日、東京都内で開かれたWBO総会に出席し、東京五輪を目指す選手にエールを送った。ロマチェンコは五輪のアスリート大使。

 自身は北京、ロンドン両五輪で金メダルを獲得。「五輪で成功するには人生の半分以上を金メダルのために費やすことが必要だ」と話した。

 31歳の王者は今回が初来日で「人々はフレンドリーで文化も素晴らしい」と好印象を口にした。注目の日本選手に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)を挙げた。

共同通信社 2019年12月5日 無断転載禁止