五輪聖火ランナー12日以降公表 協賛社、各実行委が順次

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、来年3月26日にスタートする五輪聖火リレーのランナーについて、12日以降に関係団体が順次、公表する可能性があると明らかにした。著名人を含めて名前が挙がるとみられる。

 ランナーはNTTなどスポンサー4社と47都道府県の実行委員会が選定している。組織委によると、4社や各実行委が12日からランナーに内定を通知し、4社は同日以降にその一部を明らかにする見通し。また、各実行委も17日以降に一部を明らかにする可能性があるという。

共同通信社 2019年12月10日 無断転載禁止