障害者がデッサン アクアスの生き物、ビーチサンダルに

水槽で泳ぐサメをデッサンする参加者
 障害者が描いたデザイン画をビーチサンダルとして商品化するプロジェクトのデッサン会が14日、島根県浜田、江津両市にまたがる水族館アクアスで開かれ、県内の障害福祉事業所の利用者が、サメやペンギンなどアクアスの生き物を熱心に観察して下書きした。

 障害者アートの社会的価値の向上を目的に県社会福祉協議会、アクアス、ビーチサンダルを製造販売するTSUKUMO(ツクモ、東京都)の3者が2014年から実施。今回は、呼び掛けに応じた県内6事業所から24人が参加した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年1月15日 無断転載禁止