出雲の加地さん知事賞 竹島・北方領土中学生作文

上位入賞した生徒たち。「『誰かが』ではなく『自分が』」といった思いをつづったボードを掲げた=松江市殿町、島根県庁 
 自分には何ができるだろう-。竹島(島根県隠岐の島町、韓国名・独島(トクト))や北方領土の問題について考える中学生の作文コンクールで、島根県出雲市立斐川東3年の加地彩乃さん(15)が最高賞に当たる島根県知事賞に輝いた。校内で自ら同年代の意識調査に取り組んだ経験をつづった。加地さんに加え、自ら動くことの大切さを訴える作文が上位に並んだ。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年2月8日 無断転載禁止