囲碁普及に尽力 益田出身棋士・岩本薫氏功績伝えるパンフ

棋士岩本薫氏とともに益田市をPRするパンフレットを披露する大庭信行支部長ら
 「本因坊薫和」と号し海外で囲碁の普及に尽力した益田市出身の棋士・岩本薫氏(1902~99年)の功績を伝えるパンフレットを日本棋院益田支部が作製した。没後20年だった昨年11月30日の顕彰碑建立に続き益田をPRする狙い。大庭信行支部長(48)は「世界の囲碁ファンに一度でも益田を訪れてほしい」と呼び掛けている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年2月14日 無断転載禁止