竹島の日、15年振り返る 島根県が記念誌を作成 

「竹島の日」15年の歩みをまとめた記念誌
 15年の足跡を一冊に-。竹島(島根県隠岐の島町、韓国名・独島(トクト))領有の事実を国内外に発信する22日の「竹島の日」を前に、島根県が記念誌を作成した。2005年の竹島の日条例制定に至る経緯や、日韓関係の現状など、15年の歴史をまとめている。日本政府や政治家の姿勢を批判した寄稿も目を引く。発行した5千部は啓発活動で活用し、今後、県竹島資料室(松江市殿町)でも配布する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年2月15日 無断転載禁止