特産品の出雲そばと干し柿 「柿糖」使い新名物

まる福農園が開発を進める「柿糖そば」。手前中央が「柿糖」=松江市東出雲町上意東、同園
 松江市東出雲町特産の干し柿を粉末にした調味料「柿糖」の製法を確立した、まる福農園(松江市東出雲町上意東)が、柿糖をそばに練り込んだ「柿糖そば」の開発を進めている。出雲そばと干し柿という特産品同士の掛け合わせで、松江の新たな名物にしたい考えだ。

 柿糖は、まる福農園が生産する贈答用干し柿「百市のほし柿」のうち出荷できなかったものを、独自製法で粉末にした調味料。昨年7月、島根県立大看護栄養学部の赤浦和之教授と共同開発した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年2月15日 無断転載禁止