益田でリーグ戦初開催 JFLの全日程発表

 日本フットボールリーグ(JFL)が14日、2020年シーズンの全日程を発表した。JFL2季目となる松江シティFCのホーム戦は、益田市の島根県立サッカー場で初めて1試合を行うほか、松江市営陸上競技場で11試合、出雲市の県立浜山公園陸上競技場で3試合がある。

 リーグ戦は3月15日に開幕し、11月29日まで16チームがホームアンドアウェー方式で全30試合を戦う。上位4チームがJ3昇格の権利を得る。

 昨季15位の松江シティはアウェーでの開幕戦で、同2位のソニー仙台FC(宮城)と対戦。6月28日、益田市の島根県立サッカー場に同4位の東京武蔵野シティFCを迎える。7~8月に約1カ月の中断期間がある。

2020年2月15日 無断転載禁止