冨山氏、日本企業は抜本的変革を パナソニックの社外取締役

 インタビューに応じるパナソニックの社外取締役を務める冨山和彦

 パナソニックの社外取締役を務める経営共創基盤の冨山和彦最高経営責任者=CEO=(59)は15日までに共同通信のインタビューに応じ、日本の製造業はデジタル技術で新たな価値を生み出す「デジタルトランスフォーメーション」を進めるなど抜本的な変革が不可欠だと指摘、外部の人材や技術を積極的に採用して組織力を高めるべきだと訴えた。

 パナソニックは同社の前身である松下電器産業出身で日本マイクロソフトの会長を務めた樋口泰行氏を2017年に招いたほか、19年には米グーグルから松岡陽子氏を役員待遇のフェローとして迎え入れた。

共同通信社 2020年2月15日 無断転載禁止