コナン作者記念館の移転を提言 「手狭」と鳥取県北栄町の検討委

 「青山剛昌ふるさと館」=鳥取県北栄町

 人気漫画「名探偵コナン」の作者青山剛昌さんの出身地、鳥取県北栄町にある「青山剛昌ふるさと館」について、手狭で観光客が入り切らないといった課題があるとして、同町の有識者検討委員会は18日、移転・新築を求める提言書をまとめた。

 実現すれば、展示できていない資料などが鑑賞できるようになる。同日、提言書を受け取った松本昭夫町長は「財政面が課題だが、前向きに検討したい」と応えた。

 同館は2007年に北栄町が設立。原画などを展示しており、「コナンの聖地」として、多いときには1日に4千人以上が訪れる。

 提言書は、スペース不足の上、バリアフリーが進んでいないと指摘した。

共同通信社 2020年2月18日 無断転載禁止