米、ロシア石油企業に制裁 ベネズエラ政権を支援

 【ワシントン共同】米政府は18日、ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権を支援するため同国の石油取引を仲介したとして、ロシア石油大手ロスネフチの子会社と同社幹部を独自制裁の対象に指定した。米国内の資産が凍結され、米国人との取引が禁じられる。

 ムニューシン財務長官は声明で「米国はマドゥロ政権によるベネズエラ石油資源の略奪を防ぐ」と強調。ロシア側は反発しており米ロ関係の摩擦は一層高まりそうだ。

 制裁対象になったのはスイスに拠点を置くロスネフチ・トレーディング。既に米制裁の対象となっている国営ベネズエラ石油に代わり、ベネズエラ産の石油を西アフリカに輸出するなどした。

共同通信社 2020年2月19日 無断転載禁止