スサマジ 6試合延期 新型コロナウイルス対策で

 新型コロナウイルス対策で安倍晋三首相がイベント自粛を要請した26日、催しの中止・延期の動きが全国に広がった。山陰両県に関係するスポーツや文化イベントでも中止決定が相次いだ。バスケットボール男子Bリーグは、28日から3月11日までに予定されていた1部(B1)と2部(B2)で、B1の島根スサノオマジックの6試合を含む計99試合の延期を決定。

 Bリーグは臨時実行委員会を開いて対応を協議。東京都内で記者会見した大河正明チェアマンは、無観客での実施も検討したと明らかにした上で「苦渋の決断だが、B1とB2の36クラブが破綻せず、存続できることが大事。そのための道を選んだ」と説明した。島根は松江市総合体育館(松江市学園南1丁目)でのホーム戦3試合とアウェー戦3試合が対象。リーグは3月14日の再開を目指す。

 島根の中村律COO(最高執行責任者)は感染拡大の状況下にあることを踏まえ「やむを得ない決断」と受け止めた。リーグ戦60試合のうち39試合を終えており「残り3分の1というところでこのような形になり、ファンの皆さまに申し訳ない」と述べる一方、西地区最下位と苦しんでおり「チームを立て直す中断期間にできると考えたい」と前を向いた。

2020年2月27日 無断転載禁止