野党「ウイルス予算なし」と批判 参院予算委で政権追及へ

 野党は28日に衆院を通過した2020年度予算案について「新型コロナウイルス関連の予算が全く入っていない。考えられない」(立憲民主党の安住淳国対委員長)と一斉に批判した。3月2日に始まる参院予算委員会の審議では、初動態勢の在り方などを厳しく追及する方針だ。

 安住氏は感染拡大に関し「安倍晋三首相がリーダーシップを取り、初期の段階から対応していれば後手後手に回ることはなかった」と酷評。国民民主党の玉木雄一郎代表は、野党が共同提出した予算案の組み替え動議が否決されたことに触れ「われわれの反対を一顧だにせず、数の力で成立させた」と指摘した。

共同通信社 2020年2月28日 無断転載禁止