習主席の来日、延期の方向 政権幹部「4月困難」

 習近平・中国国家主席

 日本と中国両政府は4月で調整している習近平・中国国家主席の国賓来日を延期する方向で検討に入った。複数の日本政府筋が1日、明らかにした。両国で肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染が拡大し、互いに抑止対策を優先させる必要があるとの判断に傾いた。延期した場合の新たな日程は未定。政府内では、東京五輪・パラリンピック後の秋以降になるとの観測が出ている。

 安倍政権幹部は「4月の習氏来日は難しくなった」と言明した。来日を巡り日本では、保守層を中心に反対論が強まっている。政府が新型肺炎対策に追われていることもあり、安倍首相周辺では先送りに期待する声が大勢を占める。

共同通信社 2020年3月1日 無断転載禁止