サッカー、プラティニ氏訴え退け FIFAの活動停止処分巡り

 欧州人権裁判所は5日、国際サッカー連盟(FIFA)から科された活動停止処分の撤回を求めたプラティニ氏の訴えを退けたと発表した。AP通信が伝えた。

 元FIFA副会長のプラティニ氏は2011年に、当時FIFA会長だったブラッター氏から法的根拠のない200万スイスフラン(約2億2400万円)を受け取った。当初はFIFAから8年の活動停止処分を受け、スポーツ仲裁裁判所(CAS)などへの訴えを経て、4年まで処分が短縮されていた。(共同)

共同通信社 2020年3月6日 無断転載禁止