防衛相、返金は「副大臣判断」 議員宿舎住まず公費でホテル泊

 河野太郎防衛相は6日の記者会見で、山本朋広副大臣が緊急時に備えて議員宿舎を利用せずに東京都内のホテルに防衛省の公費で宿泊していたことに関し、返金の対応は山本氏に委ねるとの考えを示した。「副大臣には副大臣の判断がある」と述べた。防衛省として支出や手続きに問題はなく、返還も求めない。

 河野氏は「防衛省の予算を使う必要がない。私の副大臣は議員宿舎に入ることが適切だ」とも語った。河野氏の命令を受け、山本氏は既に衆院青山議員宿舎(東京都港区)に入居している。

 山本氏は昨年9~10月に12回、都内のホテルに宿泊し、防衛省は約10万円を支出した。

共同通信社 2020年3月6日 無断転載禁止