入国制限にスポーツ界も困惑 ゴルフ、五輪懸かる大会も

 政府が新型コロナウイルス感染拡大防止のため中国と韓国からの入国者に2週間待機を要請したことを受け、スポーツ界にも困惑が広がっている。女子ゴルフの日本ツアーに参加する韓国選手のほか、中国、韓国の選手が出場する国際大会を日本で開催する競技団体も対応に頭を痛めている。

 女子ゴルフのイ・ボミ、キム・ハヌル両選手(ともに韓国)のマネジメント担当者は「本当に困っている。2人とも気をもんでいる」と戸惑いを隠せなかった。

 日本でも人気の2人は20日に鹿児島県で始まる予定の日本ツアーの大会に向けて韓国で調整しているが、出場できるかは不透明だ。

共同通信社 2020年3月6日 無断転載禁止