取り壊し寸前の江戸城古写真公開 神田駿河台の画廊で

 「二重橋より市中乃遠景」と書かれた写真(シェイクスピア・ギャラリー提供)

 明治天皇の肖像写真で知られる写真家内田九一が撮影した明治時代初期の旧江戸城の古写真が、3月15日から29日まで東京・神田駿河台の画廊「シェイクスピア・ギャラリー」で初めて公開される。

 取り壊し寸前の江戸城のほか、二重橋の上から現皇居前広場方面を眺めた珍しい写真もあり、話題を呼びそうだ。

 同画廊芸術監督の清水篤さん(62)が約10年前、古い写真帖を古書店で入手。写真30枚のうち12枚が江戸城の写真だった。内田は明治天皇に別の写真帖を献上し、三の丸尚蔵館に収蔵されているが、そのうち9枚が今回の写真と一致。内田の撮影と裏付けられた。

共同通信社 2020年3月7日 無断転載禁止