スキーW杯複合、渡部暁斗4位 個人最終戦、山本涼太は9位

 W杯複合個人第17戦 渡部暁斗の前半飛躍=オスロ(共同)

 【オスロ共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は7日、オスロで個人最終第17戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)は4位だった。前半飛躍(ヒルサイズ=HS134メートル)は131メートルを飛び、128・4点の4位。後半距離(10キロ)は首位と1分8秒差でスタートし、終盤まで表彰台を争ったが、順位を上げられなかった。

 山本涼太(早大)は飛躍で134・5メートルを飛んで2位につけたが、距離で9位に後退した。

 個人総合2連覇を決めていたヤールマグヌス・リーベル(ノルウェー)がシーズン最多勝記録を更新する今季14勝目を挙げ、通算勝利数を27とした。

共同通信社 2020年3月8日 無断転載禁止