W杯ジャンプ、日本は5位 男子団体、ノルウェーV

 【オスロ共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は7日、オスロで団体第5戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、佐藤慧一、小林潤志郎、佐藤幸椰(以上雪印メグミルク)小林陵侑(土屋ホーム)の日本は947・0点で5位だった。

 1回目は小林陵が127メートルを飛び、4位で折り返したが、2回目で順位を落とした。

 ノルウェーが997・4点で優勝した。ドイツが2位、スロベニアが3位で続いた。

共同通信社 2020年3月8日 無断転載禁止