議事録の対象外「おかしい」 コロナ連絡会議、立民の蓮舫氏

 立憲民主党の蓮舫参院幹事長は11日の党会合で、政府が新型コロナウイルス感染症を巡る対応を「歴史的緊急事態」に指定しながら、安倍晋三首相や関係閣僚らが対策を議論する「連絡会議」を議事録を残す対象外としている姿勢を批判した。「実質的に首相が方向性を固める会議だ。絶対におかしい」と指摘した。

 政府は10日、新型コロナ対応を行政文書ガイドラインに基づく歴史的緊急事態に指定すると閣議了解した。将来への教訓を公文書として残すためだ。政策決定や了解を行う会議は、発言者や発言内容を記載した議事の記録を作成すべきだと定めている。

共同通信社 2020年3月11日 無断転載禁止