車いす議員にも公用車、参院 リフト付き3台導入

 車いすの議員用に導入された福祉車両を試す参院議員=11日、国会

 参院は11日、重い身体障害がある舩後靖彦氏(れいわ新選組)ら車いすの議員用にリフト付き福祉車両3台を導入し、記者団に公開した。参院バリアフリー化の一環。公用車として稼働を始める。舩後氏と木村英子氏(れいわ)、冬季パラリンピック元選手の横沢高徳氏(国民民主党)が要望していた。

 車両は、車いすのまま乗り降りできる大型のワゴン車2台と、車いすを畳んで収納するタイプのミニバンが1台。中古の公用車7台を下取りに出すなどして、購入費計約1千万円を捻出した。

 横沢氏は記者団の取材に「障害がある議員が国会に来やすくなる前向きな取り組みだ。感謝したい」と謝意を示した。

共同通信社 2020年3月11日 無断転載禁止