ゴルフ松山「忘れてはいけない」 学生だった大震災振り返る

 プレーヤーズ選手権に備え、練習ラウンドで調整する松山英樹=10日、米フロリダ州・ポンテベトラビーチ(共同)

 【ポンテベドラビーチ(米フロリダ州)共同】男子ゴルフの日本の顔として米ツアーで活躍する松山英樹(28)が10日、米フロリダ州のツアー大会会場で、東北福祉大の学生だった9年前の東日本大震災について「今も復興していないところもあり、忘れてはいけない。僕らの力は微々たるものだけど、試合で頑張って、応援してくれる人が元気になれば一番いいと思う」と語った。

 2011年は4月のマスターズ・トーナメントに日本のアマチュアとして初の出場が決まっており、3月はオーストラリアで合宿していた。帰国して「あのとき見た光景はすごかった」と話した。

共同通信社 2020年3月11日 無断転載禁止