安倍首相、12日で在職3千日 新型コロナでアベノミクス苦境

 参院本会議で答弁する安倍首相=11日午前

 安倍晋三首相は12日、第1次政権からの通算在職日数が3千日となる。前人未到の記録を更新中だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経済最優先の看板政策「アベノミクス」は苦境に陥っている。憲法改正などの政治的遺産(レガシー)づくりも遠のき、難しい局面が続く。

 首相は昨年11月に戦前の桂太郎を抜き、通算在職で歴代最長となった。今年8月24日まで政権を保てば、連続の在職記録でも大叔父・佐藤栄作を抜いて歴代1位に到達する。

 しかし官邸内には大台達成を前にした高揚感はなく、首相は感染防止への対応に追われている。

共同通信社 2020年3月11日 無断転載禁止