ベルギーで被災地支援公演 復興願い堀米ゆず子さんら

 11日、ベルギー・ブリュッセルの王立音楽院で東日本大震災の復興支援公演を行った堀米ゆず子さん(共同)

 【ブリュッセル共同】ベルギー・ブリュッセルの王立音楽院で11日、現地在住で世界的に活躍するバイオリニスト堀米ゆず子さんらが東日本大震災の被災地支援の慈善公演を行った。堀米さんの教え子で組織した「復興オーケストラ」と奏でたベートーベンのバイオリン協奏曲が200人超の聴衆を魅了。収益を岩手県釜石市の施設に贈る。

 「FUKKO(復興)」と名付けられた公演は9回目。新型コロナウイルスの感染拡大への懸念により、一時は開催が危ぶまれた。

 堀米さんは昨年10月に台風19号が復興途上の被災地を襲った直後、公演で釜石を訪問。「若い人々が頑張っているのが希望」と述べた。

共同通信社 2020年3月12日 無断転載禁止