米軍、60日間の渡航を制限 新型コロナで中国やイタリアなど

 【ワシントン共同】米国防総省は11日、新型コロナウイルス対策のため、米兵や同省職員、その家族らに対し、中国やイタリアなどへの全ての渡航を60日間制限する措置を取ると発表した。13日から実施する。同時に日本への出張も60日間取りやめる。

 エスパー国防長官は声明で「流動的な状況に対処し、米兵らを守る」と強調した。米軍内に既に感染者が出ており、危機感を強めている。

 渡航制限は米疾病対策センター(CDC)が最も危険度が高いレベル3「警告」に引き上げた国が対象で、他にイランや韓国が含まれる。

 出張取りやめはレベル2「警戒」の国で、日本が対象となる。

共同通信社 2020年3月12日 無断転載禁止