プロ野球とJ、客ハイタッチ禁止 専門家が感染予防策提言

 プロ野球とサッカーJリーグが連携して設けた「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第3回会議が12日、東京都内で開かれ、専門家チームが選手、観客らの感染予防策などを含むプロスポーツの試合開催の指針を提言した。座長を務める東北医科薬科大の賀来満夫特任教授は「ゼロリスクは、あり得ない。どうリスクを下げながら対応していけるかがポイント」と訴えた。

 飛沫感染とともに接触感染への対策を重要視。観客に対する具体策として、少しでも体調に異変のある人への来場自粛を呼び掛け、応援スタイルの変更、観客同士のハイタッチなどの接触禁止、アルコール飲料の販売抑制などが盛り込まれた。

共同通信社 2020年3月12日 無断転載禁止