サッカー、スペイン・リーグ延期 新型コロナで、少なくとも2週間

 【バルセロナ共同】サッカーのスペイン・リーグは12日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リーグ戦を少なくとも2週間延期すると発表した。乾貴士が所属するエイバルのレアル・マドリード戦(13日)や、久保建英のマジョルカとバルセロナの一戦(14日)などが対象となる。

 Rマドリードのバスケットボール選手が新型コロナウイルスの検査で陽性となったことが判明。クラブによると、施設を共有していることから練習場を閉鎖した。

共同通信社 2020年3月12日 無断転載禁止