新型コロナ法、今夕成立 緊急事態「要件不明確」と有識者

 参院内閣委で質問に答える同志社大学の川本哲郎教授=13日午前

 新型コロナウイルスのさらなる感染拡大に備えるための新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案は13日午後、参院本会議で可決、成立する。本会議に先立ち、参院内閣委員会は改正案を審議。法改正後に発令が可能となる「緊急事態宣言」を巡り、参考人として出席した同志社大学の川本哲郎教授は、発令要件が不明確だと懸念を示した。緊急事態宣言で集会や表現の自由など国民の権利が制限される可能性がある。

 川本氏は、宣言発令の要件となる「著しく重大な被害」について「どの程度であるのか書いていない」と指摘。「国民生活と経済に甚大な影響を及ぼす」との要件も「説明が不十分だ」とした。

共同通信社 2020年3月13日 無断転載禁止