中国「米軍が感染症持ち込みも」 初動遅れ批判に反発

 中国外務省の趙立堅副報道局長(共同)

 【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は13日までに、新型コロナウイルスに関しツイッターで「米軍が感染症を(被害が最も深刻な)湖北省武漢市に持ち込んだのかもしれない」と主張した。中国の初動の遅れを指摘する米側に反発したとみられ、米中の舌戦が激しくなっている。

 外務省の耿爽副報道局長は13日の記者会見で、米政府高官らがウイルスの発生源に関し「中国を攻撃している」と非難する一方、趙氏のツイッター投稿の意図や、政府の公式見解かどうかについては明言を避けた。

 趙氏の投稿に対し「責任を米側に押し付けようとしている」と批判的なコメントが相次いで書き込まれた。

共同通信社 2020年3月13日 無断転載禁止