ホテル「日本人専用フロア」設定 大阪市西成区、批判相次ぎ中止

 大阪市西成区の「ビジネスホテル来山」が、海外での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「日本人専用フロアプラン」を設けて予約を募っていたことが13日、ホテルへの取材で分かった。ホテル側は「外国人を差別する意図はなかった」としているが、インターネット上で差別的だとの批判が相次ぎ、9日に中止した。

 ホテルによると2月上旬以降、宿泊希望者から「中国からの宿泊客はいるか」「(感染の可能性がある)外国人が泊まる部屋から遠ざけてほしい」との問い合わせや要望が目立ち始め、激減していたホテルの稼働率を上げるため従業員が考案。大手宿泊予約サイト「じゃらん」などに掲載した。

共同通信社 2020年3月13日 無断転載禁止