佐賀県で初の感染確認 学校再開、一転見送りへ

 佐賀県内で初の新型コロナウイルス感染確認を受け、県庁で開かれた対策本部会議で発言する山口祥義知事=13日夜

 佐賀県は13日、佐賀市在住の佐賀大の20代男子大学生について、新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。同県での確認は初めて。県は臨時休校している県立校について、16日から再開することを決めていたが、山口祥義知事は県庁で報道陣に「休校のままとせざるを得ない」と述べ、一転して見送る方針を示した。14日に最終判断する。

 大学生は2月27日からフランスを旅行し、今月4日に帰国した。9日に発熱し頭痛の症状が出て、ウイルス検査の結果、13日に陽性が確認された。現在症状は安定しているという。旅行には他に4人が同行した。

共同通信社 2020年3月13日 無断転載禁止