新型コロナ対応で論戦続く 16日に首相出席の集中審議

 国会は週明け、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府対応が引き続き論戦の焦点となる。野党は学校再開の見通しや緊急経済対策を巡り、安倍晋三首相や担当閣僚に見解をただす。国会答弁が迷走する森雅子法相について閣僚の資質を欠くとして辞任を迫る。16日に参院予算委員会で首相が出席する集中審議が実施される。

 14日施行の改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に絡み、宮下一郎内閣府副大臣が緊急事態宣言下で、首相が民放に放送内容を指示できると答弁。13日に撤回したものの、野党は集中審議でも追及する方針だ。

 景気減速に対抗するため、政府は緊急経済対策の取りまとめを急ぐ。

共同通信社 2020年3月14日 無断転載禁止