佐賀、休校のまま春休みへ 感染確認「タイミング最悪」

 佐賀市の市立小学校。市内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、16日からの再開が取りやめとなった=14日

 佐賀県は14日、佐賀市で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、16日からとしていた県立中、高と特別支援学校の再開を取りやめ、臨時休校のまま25日からの春休みに入ることを正式に決めた。佐賀市を含む県内20市町も同様の対応をする方針。急な方針転換に、再び休日取得を迫られた保護者も。学校関係者などからは「最悪のタイミング」との声が上がった。

 佐賀市の40代女性は休校期間中、小学2年の次男のためにパートを休んだ。「学校再開に合わせて出勤する予定だったが、急いで休みを取らないと…」とため息をついた。

共同通信社 2020年3月15日 無断転載禁止