Bリーグ、選手体調不良で中止も 1部と2部を無観客で再開

 新型コロナウイルスの影響で無観客となった、バスケットボール男子Bリーグの千葉―宇都宮の試合=14日、千葉県船橋市総合体育館

 新型コロナウイルスの感染拡大で2月28日~3月11日までの計99試合を延期し、リーグ戦を中断していたバスケットボール男子のBリーグは14日、1部(B1)と2部(B2)の試合を無観客で再開した。B1では川崎と対戦予定だった北海道から体調不良の選手が3人出たため、開始直前に同カードが中止となるなど、初日から混乱した。

 Bリーグによると、3選手は同日中に体調不良を訴え、検温で37度を超えたことから、リスク回避のために中止した。15日の川崎―北海道の開催は未定で、代替日を設けるかどうかも検討する。

 千葉のガード富樫勇樹は「すごく違和感はあった」と話した。

共同通信社 2020年3月14日 無断転載禁止