ツインズがキャンプ打ち切り 各チームでコロナ対応に差

 球団施設から引き揚げるエンゼルス・大谷=テンピ(共同)

 【フォートマイヤーズ(米フロリダ州)共同】米大リーグは新型コロナウイルスの感染拡大によるキャンプの中断から一夜明けた14日、前田健太が所属するツインズがフロリダ州フォートマイヤーズでのキャンプを打ち切ることを決めた。球団広報によると、前田は16日にキャンプ地を離れるという。

 26日の開幕を最低2週間延期した大リーグ機構は13日に選手会と協議し、選手にキャンプ地残留、帰宅、本拠地での調整と三つの選択肢を与えていた。

 前例のない事態に、各チームのキャンプ地での対応には差が出ている。レイズは14日に30人ほどが打撃練習などを行い、筒香嘉智も参加したという。

共同通信社 2020年3月15日 無断転載禁止