上空に寒気、大気不安定に 落雷や突風、ひょうの恐れ

 上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定になっており、気象庁は16日、西日本から東北では同日夕にかけ、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうに注意するよう呼び掛けた。日本海側を中心に雪が強まる所がある見込み。

 気象庁によると、西日本から東北の上空5500メートル付近に、平年より15度程度低い氷点下33度以下の寒気が流入。落雷や突風のほか、上空と地表付近の気温の差が大きくなるため、広範囲でひょうが降る恐れがある。

 中国、近畿では、山地を中心に16日昼前にかけて、東日本では日本海側で16日夜にかけて大雪となる地域がある。東海、甲信の平野部でも雪が降る所がある。

共同通信社 2020年3月16日 無断転載禁止