住宅火災で高齢者2人死亡 さいたま、同居の姉弟か

 全焼した店舗兼住宅=16日午前、さいたま市浦和区

 16日午前3時半ごろ、さいたま市浦和区領家、伊藤みや子さん(88)宅で「爆発音があり、炎が上がっている」と近隣住民から110番があった。住宅と隣接する中華料理店「仙龍」が全焼し、住宅の焼け跡から2人の遺体が見つかった。同店で働く伊藤さんと弟とみられる同居男性(73)と連絡が取れていない。

 浦和署によると、伊藤さんは2人暮らし。現場は県立浦和高の近く。同高の卒業生によると、長年、生徒から人気だった。

 卒業生は、文化祭や体育祭の後に同級生らと通っていたといい、「(みや子さんは)毎年卒業式にメッセージをくれ、気さくで優しかった」と話した。

共同通信社 2020年3月16日 無断転載禁止