米国立衛生研、ワクチンを初投与 臨床試験開始、1年以上かけ

 【ワシントン共同】米国立衛生研究所(NIH)は16日、米バイオテクノロジー企業モデルナと連携して開発している新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験を開始したと発表した。西部ワシントン州シアトルの病院で初めて人に投与した。段階的に安全性と有効性を評価するため、実用化には1年以上かかる見通し。

 新型ウイルスに有効なワクチンはなく、実用化されれば感染防止対策が大きく進む期待がある。

 今後18~55歳の健康な45人に3パターンの異なる量を注射する。1人につき28日間隔で2回投与して安全性を確かめ、狙い通りに働きそうかどうか調べる。

共同通信社 2020年3月17日 無断転載禁止