卒業式、規模縮小や時間短縮 「実施できてよかった」の声も

 和歌山市で行われた幼稚園の卒園式=17日午前

 新型コロナウイルス感染防止のため、全国の学校で一斉休校が続く中、今年も3月の卒業シーズンを迎えた。各地の学校などでは17日、規模を縮小したり、所要時間を短くしたりした異例の式を実施。保護者からは「実施できて良かった」との声が聞かれた。

 千葉市稲毛区の緑町小学校では、卒業生と保護者、教職員のみで例年より時間を短縮して卒業式を開催。在校生は出席しなかった。マスク姿の保護者が目立ち、来賓の祝辞などは紙で配られた。

 池田亘宏校長は「いろいろな意味で皆さんの記憶に刻まれると思う。支えてくれた保護者への感謝の気持ちを忘れないで」と呼び掛けた。

共同通信社 2020年3月17日 無断転載禁止