鳥取の白ネギ 若手躍動

 白ネギの全国的な産地・鳥取県西部で、若手生産者たちの活動が活発化している。境港市では「境港市次世代農家の会 NEXT(ネクスト)」が発足し、作業効率アップや生産拡大を目的に農家同士が連携し栽培方法を学ぶほか、水産イベントに参加するなどアピールにも注力。影響を受け、米子市や南部町、伯耆町でも若手農家の会が発足するなど動きが広がっている。ただ、技術継承や暖冬による需要減など課題も少なくない。鳥取県産白ネギを取り巻く現状を探った。(3月17日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2020年3月17日 無断転載禁止