大リーグ、162試合の実施困難 公式戦の開幕再延期で

 マリナーズのキャンプ施設。オープン戦が中止となりファンの姿もない=13日、ピオリア

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーが16日、当初の26日から最低2週間は遅れるとしていたレギュラーシーズンの開幕をさらに延期すると発表し、公式戦のスタートが最短でも5月中旬以降にずれこむ見込みとなったため、シーズン162試合の実施は極めて困難になった。

 新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るう状況に終息が見えない中、米メディアでは6、7月に開幕という予測も出始めた。AP通信は「オールスター戦が危ういかもしれない」と報じた。

 16日にMLBが発表した声明では球団側が開幕後に極力多くの試合を開催したいとしている。

共同通信社 2020年3月17日 無断転載禁止