強制不妊訴訟が結審、判決は6月 「国の手術は間違い」、東京地裁

 旧優生保護法下での不妊手術を巡る訴訟の口頭弁論のため、東京地裁に向かう原告の男性(前列左から3人目)と弁護士ら=17日午後、東京都千代田区

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、東京都の男性(76)が国に3千万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が17日、東京地裁であった。男性が「子どもが生まれてこない方がいいと思う人を狙い、国がメスを入れるのは間違ったことだ」と意見陳述して結審した。判決は6月30日。

 訴訟で国側は、不法行為から20年が経過し、賠償を請求する権利は消滅していると主張。男性は「手術を受けたことは妻にも言えなかった。優生保護法ということも全く知らなかった」と訴えた。

 訴状によると、男性は宮城県の児童施設に入所していた14歳のころ、説明がないまま手術を受けたとしている。

共同通信社 2020年3月17日 無断転載禁止