クルーズ船、3月中に消毒完了 横浜、新型コロナ集団感染

 新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を運航するプリンセス・クルーズは18日、横浜港に停泊中の同船の消毒作業を約150人態勢で進めており、3月中の完了を目指していると発表した。

 同社によると、作業は災害復旧を専門とする企業が主導。衛生や感染予防の専門家も入っている。タオルや枕、マットレス、シャワーカーテンは処分して新品と交換し、カーペットは厳重に掃除。手を触れた部分や人通りの多かったエリア、空調システムは消毒する。

 消毒計画はWHOやCDC、日本の国立感染症研究所の指示の下で策定し、厚生労働省の承認を受けたという。

共同通信社 2020年3月18日 無断転載禁止