大阪市、4月から給食無償化決定 コロナ感染対策で

 大阪市は18日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、松井一郎市長が子育て世代向けの経済対策として表明していた4月からの市立小中学校の給食費無償化を正式に決めた。小中学校とも無償化するのは、人口の多い政令指定都市や中核市では初めて。

 給食費無償化は市立校の全小中学生約16万5千人を対象に実施。2020年度は世帯所得などの条件を設けず、年間約77億円の費用は財政調整基金を取り崩して賄う。21年度以降は制度の詳細を20年度末までに詰めた上で続ける方針だ。

 松井氏は「経済が大打撃を受けているのは目に見えて明らか。来年度から無償化を実施したい」と述べた。

共同通信社 2020年3月18日 無断転載禁止