飲食店情報サイト、採点透明化を 3割超が不満や疑問、公取委調査

 公正取引委員会は18日、飲食店情報サイトで掲載する店舗の採点や表示順位に関し「(ルールの)透明性を確保することが望ましい」との見解をまとめた。取引実態調査では店舗側の31・5%がサイト側に不満や疑問を抱えており、「有料会員をやめたら点数が下がった」などの声が寄せられたことに対応した。公取委は採点などで不当に不利益を与えた場合、独禁法違反となる恐れがあると注意を呼び掛けた。

 「食べログ」や「ぐるなび」などをはじめとする飲食店サイトでは、インターネットで予約や口コミの確認ができる。調査では消費者の53・6%が「必ず利用」か「だいたい利用」と回答している。

共同通信社 2020年3月18日 無断転載禁止